女性

和服が織りなす雅さ|レンタル留袖で風情ある一日を

男性の着物姿

女の人

正月に着物を着る

洋服系ファッションは現在、かなり女性を中心に氾濫しているともいえますが、和服は昔は普段から誰でも着ていました。最近は着物の仕事についている人や和服が特別好きな人以外は夏の浴衣以外で着ている人はかなり減りました。和服の良さを再発見してもらいたいと思います。洋服と違い和服はその下に暖かくするものを着ることによって、お正月でもコートなしに外出が可能です。帯を腰にしめるだけでも身体がひきしまり温かく感じることができます。特にお正月という一年の始まりですので、和服を着るということは、気分的にも明るい心持となり新しい年も頑張ろうという前向きな姿勢に自分自身を引き締まった気持ちにさせることができます。高齢になった場合には和服はなお一層効果的であるといえます。高齢になった場合、洋服でいるとどうしても姿勢が前かがみになりがちです。この猫背の姿勢は身体にとって良いことは一つもありません。猫背の姿勢がくせになるとなかなか正しい姿勢に戻すことが出来なくなります。帯を締めた和服の場合は猫背になりにくいといえます。

普段からの着物

和服と洋服をさまざま面で比較した場合、購入費用や着方そして手入れなどがありますが、費用においては男性の場合女性とちがって殆どが普段着ですので特別高価なものになることもないでしょう。普段着る着物の素材はウールであるか、絹かのどちらかです。どちらの場合も手入れは大切です。汚れをほっておきますと染みがとれなくなったり、最もまずいのは着たときに染みがあったりすると気分的に気になり気持ちよく和服を着ることが出来なくなるということです。従って年一回は特別汚していなくてもクリーニングに出すことが普段から和服をおしゃれに着る秘訣といえるでしょう。